【男の恋愛】今時『マッチングアプリ』での出会いは当たり前。アプリで出会うことは何も恥ずかしくない!!

スポンサーリンク



■私がマッチングアプリを知った経緯について

私は、それまでマッチングアプリを使用すると言うことは、正直恥ずかしいことであると自分自身に言い聞かせており、あくまで自然な社会での女性との出会いの中で恋愛に発展して結婚に繋げていくのが普通であると思っておりました。

しかし、私は、典型的な男子校生活で、高校時代は、工業高校で女子にクラスが一人もいない状況であり、更に専門学校に進学してからも女子は、クラスに一人しか在籍しておらず、自分好みの女性ではありませんでした。

そこで、社会人になっていざ、恋愛できるケースが広がっていると期待したのですが、企業体質が極めて脆弱な体質で女性が存在しておりますが、女子と仲良くしてはいけない現場気質な職場でしたので、実質出会いがないようなものでした。

このままでは、私自身も20代後半に突入する間際でありましたので、いよいよ焦ってきました。
これからどうしようかと言う所で、私は、出会い系サイトマッチングアプリの話を同僚や学生時代の友人から聞くことがよくありましたので、実際にやってみようと思いました。

その状況でもまだ、マッチングアプリに対しては半信半疑で本当に上手く行くのだろうかと言う不安感でしかありませんでした。
実際にマッチングアプリを始めてみました所、私が使用させて頂いたのは、婚活サイトであったのですが、毎月女性の紹介メールが3通から4通届く形となり、信じられないですが、婚活サイトと言うことで、お互いが結婚を強く意識していることから、ほとんどお会いできる形となりました。

■私が、マッチングアプリで恋愛に発展した話について

私が、社会人になっても出会いに恵まれない状況で、ついに人づてでマッチングアプリを知り、婚活サイトで出会いを求めることができる状況になりました所で、私が登録させて頂いておりました婚活サイトでは、大きく三種類の出会い方を提供してくれる婚活サイトでありました。

一つ目は、コンタクトと言って月々に紹介メールが届いて、年齢によって紹介人数が異なりますが、非常に出会いやすい環境を整えて頂き、そこから紹介メールが個人宛で届いて、アプローチメールを送り、相手方が了承してくれれば、メル友から開始して、文章から想いを伝えて行き、恋愛に発展させるような地道な道のりのコースでした。

二つ目は、会社が仲介役となって、昔ながらのお見合い形式で会社の方が間に入って、お互いが緊張している状況の中で話題がスムーズになるように会社側の方から会話が円滑になるようにしばらくリードしてくれるようなことをしていただくシステムです。
これにより、いい雰囲気になった所で、会社の方が抜けられて会社のラウンジで二人で会話を進めて行くと言う本格的なお見合い形式による出会いです。

三つ目としましては、お見合いパーティーで、様々な場所や人数や条件でほぼ毎月開催される様々な種類のパーティーの中から目的に応じたパーティーに参加して出会いをつかんでいくと言う出会い方です。私は、8割方、コンタクトに依存する形になりました。
理由としましては、個人の力で実力で切り開いていくことができて、他人に干渉されないで済むからです。そこで私は、登録して一年程経過した所である日、珍しく年下の女性からの紹介メールが届いていたのですが、どうせ自分なんて相手にされないだろうと思い、趣味が一致しておりましたので、趣味の話で問いかけましたら、引き続きメールをしてもよろしいと言うことで至福の瞬間でありました。

ただ、何人もライバルがいると言うことが紛れもない事実でありますので、一生懸命に自分の持ち味を生かして長文メールで必死に自分をアピールした結果、年下の彼女とデートできることになり、そこから何回もお会いさせて頂き、恋愛に発展して、結婚まで成就することができました。
やはり、コツとしましては、「ここだ!この人だ!」と思った瞬間に怒涛の勢いと熱意で自分をアピールして相手が興味を引くように尚且つ自分の引き出しをすべてオープンにして立ち向かう必要があると思います。

そして、ライバルが多い中で確実に誰よりも早く会いにいけるように頑張ってください。会えてから結婚までは非常に短く実感しました。

 

おススメの『マッチングアプリ』

【Pairs】(R18)


運命より、確実。
恋愛婚活「with」



ゼクシィ縁結びPARTY

おかげ様で11周年!出会いはハッピーメール(18禁)

出会いはPCMAXで♪(18禁)



スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す