スポンサーリンク



世の中にはイケメンという存在がいます。ルックスに秀でる彼らは女性から好意を持たれることも多いでしょう。

それに反してブサイクという存在もあります。要は見た目がイケてない男性の総称ですが、生まれ持った外見の差というものは時に非情な結果を生み出すものです。

ルックスの良い男性はそれだけで魅力的です。本人の能力がそうであるか否かにかかわらず見た目以外の要素も優れているという印象を与えるからでしょう。

早い話が恋愛面において「イケメンは得」という事ですね。

ということは恋愛においてブサイクは不利という結論が導き出されそうですが、果たしてそうなのでしょうか。

答えは否です。

ブサイクはたしかに見た目の面ではイケメンよりも大きく劣ってしまうかもしれません。

ですが男の魅力は見た目の良し悪しだけで語れるほど陳腐なものではないはずです。

10代の頃は確かにイケメンはモテます。青春真っ盛りの中なので女性もやはり見目麗しい男に惹かれるのは無理もありません。

ただこれは言いかえれば、女性が男の魅力を見出す目を培っていないという事でもあります。

それも当然ですね。10代の頃では自身で収入を得ている男などそうそういないため、仕事の出来具合や収入面といった男にとって重要な要素に触れる機械など多くは無いからです。

つまり若いころは見た目が男の価値を決める最重要項目となっているのですね。

ですがそれは所詮一時のものであって、年齢を重ねるにつれてその効果も薄れていくものです。

男の人生の大半以上を占めるのは仕事であって、その出来を左右するのにルックスの良し悪しなど一切関係なくなるからです。

より良い人生を歩むには知性や経験が必要であり、だからこそ皆そのために努力をします。

良い大学に入ろうと思ったら一生懸命勉強し負ければなりませんし、スポーツで身を立てたいと思うならば血のにじむような苦労をする必要があるでしょう。

いかなる生き方を選ぶにせよ、その道で大成するには必ず努力が要るのです。

男の価値とは、どれだけ自分の生き方に誇りと信念を持てるかで決まります。それはもはや見た目の良し悪しという些細な要素が影響を及ぼせる範疇ではありません。

いかにイケメンとは言え自分を磨く努力をしない男は総じてダサいのです。

逆にブサイクであっても精進し続ける男は何かしらの輝きを持っています。

男がある程度年を取るとルックスによる有利不利は若い時ほど重要ではなくなるという事ですね。

そして女性もまた年齢を重ねるにつれて男を見る目が肥えてくるのです。

若いころにはルックス最優先だった女性も、ただカッコいいだけの男は眼中になくなるものです。

男が発する魅力の奥深さに徐々に気づき始めるといった所でしょうか。

先にも述べましたが男の半生は仕事がほとんどです。

その仕事に何を見出せるか、何を成せるかによって男の価値も魅力も決まってくると言えるでしょう。

結局男を高めるのは努力しかありません。古臭い言い回しではありますが「男は努力」、この一言に尽きます。

大多数の男は「イケメンに生まれたかった」というのが本音でしょう。見た目は良いに越したことはないですからね。

ですがブサイクだからと言って一生カッコ悪いままとは限りません。

むしろブサイクこそ自分の力で、自分自身の努力で男を磨くべきなのです。

仕事は単に収入を得るための手段ではなく、多くの人との交流をもたらします。

その中で触れるであろう様々な価値感に時には共感し、時には反発し、それを繰り返してゆくことで男の器がどんどん深みを増すのだと心得てください。

男の一生の中でイケメンもブサイクも大した違いはありません。

生まれ落ちた時には見た目の優劣はあっても、それを覆せる力は誰もが持ち合わせているはずですよ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す