もう遅いのか??30代での【大学進学】について考えてみる。

スポンサーリンク



私は30代後半の男性会社員です。

世間一般的な年齢で高校~大学を経て就職し、現在に至っております。

私の中で、なかなか人前では言いにくい本音があります。それは、「再度あらためて大学受験をし、4年間しっかり勉強したい」ことです。

私は卒業した大学での学部や講義、大学生活に特に不満があったわけではありません。もっと有名な大学名をふりかざして再就職したいか?それも違います。

ではなぜ、この歳であえて大学を希望するかというと、一言でいうと「社会を経験しているから」です。

そもそも一般的に、大学へ進学する際、どういった想いで進学を希望し、4年間の大学生活を送るのでしょうか。

私もそうであったように、やはり「大卒」という学歴が就職に有利だと思い、とにかく入試に合格して入学し、あとは実質はどうあれ、なんとか無事に卒業すること。

それに加えて、その間の呑気で自由な大学生活も魅力のひとつでしょう。

単純にいえば、「入学」「自由」「卒業」だけが真の目的なのかもしれません。

企業や社会全体も長い間、そういった事情を知ったうえで「大卒」の学歴を優先的に歓迎してきたことから、この風潮が自然と定着したのではないかと思います。

では、大学に進学した学生のうち、どれぐらい講義の中身に興味をもって大学生活を送っているかというと、それは分かりません。

非常に高額な学費と時間と努力を費やして、自分が望んで選んだ学科に興味も関心もなく4年間をなんとなく過ごす人が大半かもしれません。

しかしそれも分からなくはないです。




本音では勉強なんて高校までで十分だし、その年頃でこれ以上学問に興味をもつ人なんていうのが異常か、よほどの研究熱心な人なのかもしれません。

そもそも高校でも嫌々勉強していたのに、そこからさらに掘り下げたいなんていう人は、現実そう多くはないと思います。

私は社会人になって以降、たくさんの人と接し、たくさんの現実をみて、たくさんのニュースや社会の仕組みをみてきました。それに伴い、自分なりの意見や考え方も育ち、独自の社会観も持っているつもりです。

だからこそ、社会の構造や歴史、学説や構成の理由などを、集中して学びたいという発想に至ったわけです。

もちろん私も大学時代それを学んだはずです。ただ、今ほど関心がなかったので身に染みていないのです。

大学院までいかなくとも、本来、学問の研究機関である大学で研究活動をせず大学生活を過ごしたのです。

そういう意味では、(現実の諸条件が満たされれば)今の自分ほど、大学で集中的に勉強することに意義があると感じています。

では仮に、この歳で大学に入学できたとして、問題がないわけではありません。

まず学内では、みんな自分より遥かに世代が違う若い年齢ばかりです。

もちろん自分の存在は特異に映るでしょう。

いくら自分の学問的関心が高いとはいえ、現実に学内での過ごし方は決して楽ではないと思います。

それに30代で、4年間も大学に「入学する」わけですから、その間はアルバイトでしのいだとしても、卒業後の就職が大変です。

現実社会において、30歳を過ぎて大学を新しく出た者を歓迎する企業が、いったいどれほどあるでしょうか。

公務員にしてもほとんどの業種が年齢制限を超えているでしょう。

そういった意味でも、30歳を過ぎて新しく大学生活をむかえることは、意義はおおいにある一方、社会的にかなり大きなリスクがあります。

社会全体がそういうことに寛容ではありません。

歓迎されるどころか、むしろ「人生に甘えた熟年」としてしか見られないかもしれません。

芸能人や独立した経営者、よほど生活状況に余裕のある人などであれば可能かもしれませんが、一般的に、それを現実に叶うには難しいかもしれません。

なぜ社会人になってから大学に行こうと思ったのか?『30代のキャンパスライフ』Aさんの実体験談。

 

⇩通信制大学⇩
働きながら大卒資格や教員免許を取得したいあなたにオススメの通信制大学!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




1 個のコメント

  • 高卒で就職した人が、中国で転職しようとした時、大卒資格が必須になってくる。
    就労ビザの条件が厳しくなったため、やむを得ず30代で大学入るのは個人的にはありだと思います。

  • コメントを残す