【初心者必見】12時間でスノーボードはだれでも滑れる!

スポンサーリンク



もうすぐ冬が到来しますが、コロナ禍でも楽しむ事ができるレジャーがスノーボードです。

しかし、スノーボードを始めたいけど始め方がわからない。
自分が滑れるようになるか自信がないという方は多いはず。

しかし、この記事を読めば、そんな不安はゼロになります。

【そもそもどんな人にオススメ?】

どんな人にオススメ?
・冬のレジャーを楽しみたい人
・新しい趣味が欲しい人
・女性にモテる趣味が欲しい人

と、こんな方におすすめです。


ちなみに、どんな人がスノーボードを早く習得しやすいかというと、

習得しやすい人?
・体幹が強い人
・スポーツをやっていた人
・スキーが滑れる人(かなり早く上達します)
・スケートボードができる人(かなり早く上達します)


となります。

しかし、これはあくまでも「習得しやすさ」の問題なので、そこまで深く考えなくても大丈夫です。

【スノーボードを始めるメリット】


そもそもスノーボードができたらどんないいことがあるの?と思ったあなた。

断言します。

いい事しかありません。

ではそれぞれ挙げていきたいと思います。


*メリット1つ目*


とにかくモテる。


ゲレンデマジックという言葉もあるくらい、ただでさえ雪山は男にとってチャンスで溢れています。

そこでかっこよくスノーボードができたら敵なしです。

「そんなかっこよく滑れないよ…」と思うかもしれませんが、スノーボードはこけて当たり前のものです。

とにかく、板に乗って、まっすぐ滑って、止まれて、曲がる事ができればOKです。

くるくる回ったり、オリンピックで見るような技なんて1つも必要ありませんし、むしろそんなことをゲレンデのど真ん中でやれば、ただの迷惑です。

モテるまでのステップは簡単です。

*メリット2つ目*


あなたの武器になる

スノーボードを始めたいのは男性だけでなく、女性も同じです。

もしあなたの意中の女性がスノーボードに興味があったらどうでしょう。

「教えるから行こうよ!」の一言でデートが成立します。

また、教えるときはかなり距離が物理的にも近くなるので、趣味であり武器にもなりえるのがスノーボードです。

*デメリット1つ目*


道具をそろえるためにお金がかかる


道具をそろえたい場合、少しまとまった『お金』が必要です。

ただ、レンタルで十分なのであまり気にしなくて大丈夫です。

ウェアやゴーグルなどは揃えたいところですが、これはネット通販でも問題ありません。

*デメリット2つ目*


しっかり滑れるようになるなら、最低でも1泊2日は必要


自転車も同じですが、たった半日や1日で滑れるようになるのはほぼ不可能です。

1泊2日はしっかり滑って、コツを体に覚え込ませましょう。

しかし、一度滑れるようになったら、体がずっと覚えていますので、滑れなくなることはありません。

【スノボーを始めるための準備物】


・ウェア(ネット通販でOK)※スキー用でも可能です
・帽子、手袋、ゴーグル(ネット通販でOK)


その他は何もいりません。

上手に買い物すれば1万5千円以内でそろえる事ができると思います。

また、これらは一度購入すれば、少なくとも5年は使用し続けることができますので、そう考えると安く始めることができます。

ここまででスノーボードを始めない理由がなくなりましたね。
では、どうすればあなたが滑れるようになるかです。
その方法は3つあります。

*1つ目*

独学(所要期間/不明※膨大な時間です)


これは本当におススメできません。

ただただ時間が過ぎていくだけです。

そして一日の終わりには「俺はここに何しに来たんだ・・・」となります。

そして腕は痛いし、お尻はあざだらけになり、「スノボーなんてもうしない」となってしまいます。

私はそんな友人をたくさん見てきました。

また、独学でやれば、滑っているフォームがとてつもなくダサくなってしまいます。

滑り方を見ただけで、その人が独学かそうでないかがわかるくらいはっきりします。

*2つ目*


友人に教えてもらう。(所要期間/5日程度)

これが一番多いのではないかと思います。

友達と楽しく話しながらできますからね。

しかしこれも私はおすすめしていません。

というのも、その友人が独学の可能性があるからです。

先にも述べましたが、独学の人はあくまでも自分流の滑り方なので、見た目がダサかったり、上達が遅くなったりします。

そして、何より、なかなか滑れるようにならなければ、教えてくれている友達に申し訳ないという気持ちと、「本当は僕を置いてどんどん滑りたいだろうな…」と思って、心が持ちません。また、デメリットのところでも書きましたが、スノボーが滑れるようになるには連続で2日間は必要です。

その友達が2日間も自分を犠牲にして教えてくれるかどうかも不安ですよね。

ただし、教えてくれる友人がスノボースクールなどでインストラクターに教えてもらった人なら、お願いしてもいいと思います。

独学で練習した人よりも基本のことを理解しているので、その分上達も早くなります。

*3つ目*

スノボースクールに入る(所要期間/12時間)


最もおすすめの方法がこの方法です。

インストラクターに教えてもらうことが滑れるようになる一番の近道です。

かつ、基本から丁寧に教えてもらえるのでフォームも綺麗になりますし、上達のスピードが明らかに早いです。

最初はその道のプロに教えてもらうことが何よりも大切です。

また、このようなスクールは初心者ばかりの集まりで、中には○歳以上クラスなどと年齢別でもクラスが分かれていますので、同世代の仲間と一緒に仲良くなりながら、上達することができ、夜にはみんなで飲み会をしたりなど、一冬の青春を経験できます。

最後にはどこまで滑れるようになったかのテストがありますが、全く滑れなかった人がほぼ全員滑って降りてこられるようになっています。

私自身もスクールで学びましたが、スクールで学んだ人は教えるのも上手と言われます。

スクールの費用もレンタル料込で1万円5千円ほどで受ける事ができますのでお得です。
スノボースクールに1人で入るのはちょっと・・・と思うかもしれませんが、大丈夫です。

大体みんな一人で参加しています。

そしてスクール自体も少人数で行っているところが多いので安心して参加してみてください。

ではここで、私がおすすめするスノボーが滑れるようになるプランを提案します。

*準備編*


上下セットのウェアを購入する⇒10000円
帽子、手袋、ゴーグルを購入する⇒全部で10000円以内
残りはレンタルでOK

*日数*


2泊3日(不可能なら1泊2日)
1日目⇒到着・受付・スクール入校(6時間コース)
2日目⇒スクール(6時間コース)※前日のでき次第で3時間でもいいかもしれません
3日目⇒自分で滑ってみる
※1泊2日なら3日目の行程は省く


これで確実に滑れるようになるでしょう。

スクールに入校すれば、たった12時間でスノーボードが滑れるようになるのです。

どれだけ滑れるようになるかというと、あなたがゲレンデで見かけたときに「あの人かっこいいな~」と思うレベルで滑れるようになります。

いかがでしたか?


何かを始める時、抵抗があったり勇気が必要だったりしますが、この冬がそのタイミングではないでしょうか。

2021年はオリンピックの影響でスケートボードを始める人が飛躍的に増えましたが、
来年の2022年には冬季オリンピックが開催され、スノーボードブームがまた到来すること間違いなしです。

その時にスノーボードが滑れるあなたを想像してみてください。

考えただけでにやけてしましますね。

いやいや年齢的に・・・という気持ちもあるかもしれませんが、何かを始めるのに遅すぎることはありません。

思い立ったら吉日です。

どんどん挑戦してみましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す