スポンサーリンク



男性も女性も失恋を重ねることで成長を重ねるといいますが、これはあくまでも一般論。

実際にその失恋を味わった方々は相当立ち直るにあたって、苦労しています。

もちろん、学生時代を含め10代は落ち込みも激しいかもしれませんが、立ち直りも早いもの。

なんといっても一度の失恋が別に人生を左右するわけでもなく、結婚に関係するものでもないと割り切ってしまえばそれで終わりですから。

しかし、社会人になってからの失恋は相当重くのしかかってきます。

それもこれは女性よりも男性のほうがきついのではないでしょうか。

何しろ、社会人になって新たにお付き合いするような女性とは結婚を全く考えないかと言われたら0ではないと思います。どこかでこのまま付き合ったらあるタイミングでは結婚もあるかもとどこかで考えているはずなのです。

ですから、ある年齢になってからの失恋は立ち直るにも苦労するわけです。

何しろ、若いころなら一人くらい女性と失恋しても次に行こうという割り切りがありますし、それだけの出会いもあるはずです。

しかしながら、社会人になってくると正直、若いころのように女性との出会いのチャンスもそれほど頻繁に訪れるわけでもありません。

どうしても仕事が忙しくて、週末で会っても自由になる時間があるかといえばなかなかそうもいきません。

疲れてしまって、土曜、日曜のうち半分は寝て過ごすというかたがたもおおいのではないでしょうか。

そして、こうした限られた時間の中で女性と出会うための時間をつくっていく、または女性との出会いを友人や学生時代の友人たちとつくっていくというのはなかなか厳しいところだと言わざるを得ません。

まず、女生徒の失恋があれば、何かに打ち込むことが一番のポイントでしょう。

もちろん、それが仕事かもしれませんし、趣味になるかもしれません。

学生時代とは違って、このような時間の過ごし方で失恋を忘れましょう。 

そして、次なる女性との出会いをどう求めるのか。

前述のとおり、学生時代と同じようにはいかないでしょう。

最初は抵抗があるかもしれませんが、婚活パーティなどを活用するのも一つの手です。

また、お見合いサービス、女性を紹介してもらうサービスもよいかもしれません。

なんといっても、自分のターゲットになりうる女性を最初から知りこんだうえで紹介してもらえるのであれば、素敵な出会いになる可能性が高くなるわけです。

今の時代、こうしたサービスを使うことが、女性にもてないからだ、コミュニケーション能力がないからだというマイナスのレッテルを張られることはまずありません。

出会ってからの進展は個人の能力、コミュニケーション次第となりますので。

こうして、社会人になってからの男性の失恋はダメージも大きいのですが、仕事や趣味を通じて忘れる、そして女性との新たな出会いを見つけるのも学生時代とは違った方法を活用するというのが、一番よいのではないかと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す