【男の転職】転職サイトってどうなの?転職サイトに登録するメリット6選

スポンサーリンク



「転職をしたいけれど、どうしたら良いのかわからない」
「転職サイトに登録するべきか悩んでいる」
「どの転職サイトに登録したら良いのかわからない」

なんて悩んでいませんか?

転職をするなら、転職サイトを利用するのが断然効果的です。ここでは、そのメリットを紹介していきます。

1.登録しなければ見られない求人情報がある


様々な転職サイトは、登録しなくても求人情報が見られるようになっています。
しかしそれはごく1部であり、登録しなければ見られない非公開求人情報も珍しくありません。
きちんと登録して初めて見られる求人情報の方が数は多いと言えるでしょう。
つまり、転職サイトは登録して初めてその転職サイトの求人情報を満足に見ることができるのです。
言い換えれば、登録しないで求人情報を見ていたとしても、それが全てではありません。
「求人情報を見ても大した数がない」
「たいした求人がない」
などを自由に登録しないなんてもったいないです。
登録してこそ見られる求人も多いですから、それだけでも登録するメリットがあります。

2.自分に合った仕事を紹介してくれる


実際には求人は山ほどあります。
しかし、その中から自分の条件に合う求人を探すとなると、なかなか大変ですよね。
仕事をしながら転職活動をするとなおさら、そこまで求人情報をチェックする時間がないと感じる人もいるのではないでしょうか。
求人情報をチェックする時間がないからこそ、転職活動がうまくいかないこともあるでしょう。
仕事をしている社会人ならば、当たり前のことです。
しかし自分にぴったりの仕事を紹介してくれるサービスがあることも珍しくありません。
毎日メールを送ってくれたり、会員ページの中でトップに表示してくれたりと、自分で最初から探さなくても自分にぴったりの仕事を紹介してもらえるので、仕事を探す手間が省けます。
登録しなければこのようなサービスを使いませんから、忙しくて転職活動が進まないと感じている人こそ、転職サイトに登録した方が良いでしょう。

3.企業から声がかかることもある


企業は常に優秀な人材を探しています。
人々が仕事を探すのと同時に、企業も人材を探していることがたくさんあります。
そんな中で、あなたのプロフィールが転職サイトに登録されていると企業はあなたを見つけやすくなるのです。
だからこそ、転職サイトに登録するときにはより細かなプロフィールを登録しておくことが大切です。
過去にどのような経験があり、何ができるのか、どのような資格を持ち合わせていてどのような業績を積んだことがあるのか、謙遜せずにしっかりとプロフィールに書き込んでおきましょう。
最近では経験者が優遇される傾向にあります。
今までは年功序列、終身雇用が当たり前でしたが、今は特に20代や30代で転職を考える人も多く、転職した人も快く受け入れられつつある社会になっています。
しかし、ただ転職しても構わないのではなく、経験者が重視される時代になりますので、今までの経験をしっかりとプロフィールに書き込んでおくことが大切です。
ただ人と同じプロフィールを書いているだけでは企業から声をかけてもらう事はできませんから、人と差別化を図り、自分は何ができるのか明確にしておくことが重要です。

4.複数の転職サイトに登録する


たくさんの転職サイトがありますが、いくつか複数の転職サイトに登録しておくとより素早く転職活動を進めることができます。
と言うのは、企業は転職サイトの企業と協力して人材を探していますから、より多くの転職サイトに登録しておいた方が、より多くの企業の情報を得ることができるのです。
その分、企業から声をかけてもらえる可能性も高まります。
転職サイトによって得意分野が異なりますので、自分に合う仕事を多く紹介している転職サイトを探しましょう。
例えば営業職の求人情報が多い転職サイトもあれば、理系の求人情報が多い転職サイトもありますし、エンジニアに特化した転職サイトなどもあります。
例えば、営業職の仕事を探しているにもかかわらずエンジニアに特化した転職サイトに登録しても意味はありませんので、自分に合う求人情報を多く掲載している転職サイトを見つけましょう。
その上で、複数のサイトに登録しておくと、他の転職サイトでは見つけられなかった求人情報を見つけることができるようになります。

5.必要のない転職サイトには登録しない


複数のサイトに登録する事は非常に重要ですが、だからといって必要のない転職サイトに登録する必要はありません。
例えば、転職サイトによっては「営業職の仕事が多いはずなのに、メールで紹介された仕事は全然違う分野ばかり」などの問題もありますので、いざ転職サイトに登録してサービスを利用した時、「何かが違う」と思ったら登録を解除することも大切です。
登録すれば必然的に仕事が見つかるわけではありませんので、登録した結果「やっぱりこの転職サイトの情報は役に立たない」と思ったら、時間がもったいないですので早く情報を削除するようにしましょう。
必要ないメールなどをチェックするのは時間の無駄になります。
それは余分な時間がかかってしまいますし、転職活動がうまく進まなくなりますので、必要のない転職サイトに登録する必要はありません。

6.担当者と話をする


転職サイトによっては、担当者やコーディネーターがつき、相談に乗ってくれることがあります。
そのような人と相談できる場合は積極的に相談しましょう。
遠慮していては何も意味がありませんし、会員登録をすればそのようなサービスも利用できますので、遠慮なく、自分はどのような仕事を探しているのか、自分はどのような経験があって何ができるのか、どのような分野で働きたいのかなど、自分の経験や希望について説明しておくことが大切です。
転職サイトのスタッフはその道のプロですから、あなたの希望を叶えるための求人情報をきっと探してくれるでしょう。
複数の転職サイトのスタッフと話ができれば、なおさら転職活動がスムーズに進みます。

転職サイトに登録しないで眺めていても、たいした情報は得られませんし十分なサービスは受けられません。
登録して初めて受けられるサービスも多いですので、まずは登録するところから始めましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す